【9/17更新】土足で踏んだ使用済みタオルでコップ拭く、衣類用の消臭剤をかける、とんでもないホテルに注意

現在、当記事に関し和解に関する連絡がありましたので、当記事は取り下げる予定です。

まず、ここ、日本ですよね? 私は何か悪いことしましたか?

具体的には…この動画にある様な事が起こりました。もちろん起こった場所は日本です。

「何かがおかしい」と思い、動画を撮ったのがキッカケとなり、思わぬ証拠となりました…

現在、当該の件に関しては支配人、清掃業者と話をした上で、本社の者と話をすることになりましたので、

「解決が見込めない場合は動画も含め全貌公開」とし、それまでは、ある程度あった事を述べる形にしたいと思います。

→本社の者から連絡が途絶えているので、、9月までに返答がない場合は公開予定です。

まず、このブログを見ている皆様には同じ思いをして欲しくない。ということもあり、

現在も非常に多忙なスケジュールですが、この記事の製作を行なっています。

私が某ホテルのA店に泊まっていたのが8月4日〜8日、B店に泊まっていたのが、8月18日〜21日です。

報告が遅くなりましたが、まず、事実を淡々と述べます。

状況 2名別室で宿泊。シングルルーム、隣室同士、3泊4日。

8月19日(月)

貴重品を部屋に置いていたが、金庫もフロント預けもできない。安全のため以前使っていた携帯で見張る体制を取り、設置して外出。

18時頃、部屋に戻った所、部屋においていた携帯が倒れて停止した状態になっていた。

さらには、隣室の同伴者から「コップを入れる引き戸に綿棒が入っている」と話があった。

筆者の部屋は、綿棒はユニットバス上のアメニティ置き場にあった。(これが正常)

→何かおかしいと思い、貴重品もあるため翌日は携帯のカメラを作動して外出。 

8月20日(火)

18時頃戻り。私のいる部屋のコップから、見覚えのある匂いがした。よく思い出してみると…”除菌スプレー”の匂いでした。

念のため確認してみると、隣室同伴者のコップからは、コンディショナーのようなの匂い。

→明らかに異常に感じ、撮影したビデオを確認したところ… 見てはいけないものを見てしまった…

(ひとまず、本社の対応次第で、証拠映像、写真の掲載や今後のマスコミへの報告、弁護士対応、訴訟などに関しては検討します。

誠実な相応の対応と、今後の対応に関する報告及びお約束が頂けるのであれば、考えます。)

・外国人(東南アジア系?)の清掃の方が、ガムをくちゃくちゃ食べながら、土足を脱がずに入室。

→大学の方にも見ていただき、ブラジル人?とのこと。ブラジルの衛生環境についてご存知の方コメントください。

・まず、コップに備付の除菌スプレーをかけて放置。

・流石に風呂エリアまでカメラを回していなかったので、確認出来かねているが、

清掃に使われていたブラシは、1つだけ…(この時点で嫌気が…)

・風呂エリアに入り、まとめていた使用済みのタオル類を床に放り出す。その後、まさかの土足で踏む…

・しばらくして、土足で踏んだタオルを椅子に掛け、なんと先ほど除菌スプレーを掛けたコップを…

・身体を洗ったボディタオル(まだ使えるので、ゴミに出さず干していた)を床に放り出し、また手に取り、壁を拭いた

(通常、ゴミ箱にあるもの以外は処分しない決まりになっているはずです。)

・その後、その手は洗う事なくベッドメイクをやり直し始めた。(素手)

・再びコップ類がある引き出しを開け、コーヒーやお茶、砂糖などのアメニティ補充

・戻ったらいずれの部屋も、24時間換気が消されていて、室内が湿っていた。さらに同伴者の隣室は空調も消され時間が経過し、生臭い臭いになっていた。

(フロント責任者さん曰く、24時間換気はカードを抜いても消えず、意図的に消さないと消えないとのこと。)

→両室共に、部屋は照明用にカードを挿したまま、テレビは消し、空調は28度に設定した上で外出

隣の部屋のみテレビがON、空調が消されていた。

フロントに言うか言わないか…言ったらクレーマーになるのか…冷静に30分ほど考えた結果、

ひとまず、事実を冷静に、落ち着いてから着々と、フロントの方へお話ししすることにし、動画も見せました。

すると、フロントの方もあまりにもの現状に後退… ひとまず、状況が状況で、来た方も焦燥していた状態でした。

ひとまず後日対応ということになった。

翌日、チェックアウト後荷物を預け、18時ごろに戻ると、ホテル支配人と、清掃業者の専務の方などが揃っていて、

宿泊費の返金に関して案内があったが、前回対応のあった方と、本社とお話をすることで話を進めているので、ひとまずそれが終わってからということを告げた。

また、YouTube Live動画の削除(限定公開に設定し、ホテルと自分用、同伴者との共有用に使用しており外部には現状、公開していないが)を要求された。

某ホテルA店では、そこまでひどい状態ではなかったですが…

清掃の方とエレベーターで居合わせた時、非常に不潔な状態であったことは覚えていますが、当時は忙しかったのかな…程度でした。

よくよく考えると、サービス自体は良かったのですが、清掃は行き届いていませんでした。

机や台の上の埃は多かったですね。角まで綺麗にとは言いませんが、最低限表面は…

このホテルでは連泊時にペットボトルの水が貰えるのですが、水のラベルに大きな埃が付着..という写真までは撮りそびれていましたが…

コインランドリーの硫黄臭?も、よくよく考えればおかしなものでした。

まあ、あの時はご機嫌だったのか、Ag洗浄だかのボタンを3回ぐらい押して、さらに自分で洗剤も足して、乗り切りましたが…

このホテルでも、ノルマや、達成金などがあるのでしょうか…

当時から現在にかけて、軽い慢性的な腹痛が続いており、病院で診断書を取ることについて予定しています。

ひとまず明日も用事があり、時間が遅いので、これだけ報告させていただきます。

これを読んでいる皆様、今一度、ホテルに関して見直していただき注意してください。特にアメニティやコップ類、感染症の危険性もあります。

一度熱湯消毒をするか、持参するのが安全です。

現在も、原因不明の腹痛、トイレ多発が続いています。楽しい旅の計画、出張、仕事、などなどが無駄にならないためにも、

この経験からみなさまへ、何かを得ていただきたいと思っています。

9/1 追記

この件について、弁護士へ相談しましたが、損害賠償として取れる可能性は少なく、

精々返金+αぐらいが限度とのこと。

弁護士へ依頼すると費用で赤字になるため、やめたほうがいいと助言を頂きました。

弁護士の方曰く、清掃の方が財布を盗んだり等、もっとひどい案件は多数あるようです。。

弁護士からの助言としては、気が付いたその場で救急車や警察を呼んで証拠を収集したり、

病院へ行くこと、何かしらの決定的な証拠集めが重要であるとのことです。1日でも過ぎた後だと、証拠として薄い状態になる。と仰ってました。