J:COMのモデム「HG100R-02JG」に改良版が存在する件。交換してみた。

最近というか住んでからであるが、どうもJCOMのネットは遅くなったり切れたり、

動作不安定な様子が伺えた。

シェアハウスで法人一括契約で、自分で光引くのも却下、Pocket Wi-Fiを一部分散して使ったりなど、どうしようもないのである。

そんな中、とある部屋にあるモデムと、自分の部屋にあるモデムが若干形状が異なることに気がついた。

同一型番の改良版が存在

画像を見ていただこう。

見にくいが左の製造日が01/2017で、右が04/2019である。型番は完全に同一だが、スリットや細かい見た目は異なる。

そこでこの「改良版」を自分の部屋に繋げてみるとどうなるか。普通に動いた。

適当に設定を移植して、置き換えてやった。

(※基本的には、NGですので、JCOMに問い合わせてください。)

すると、あろうことか動作は安定した。

(まあ、下り40Mbps/上り2Mbpsのプランで、10台近くぶら下がっているのでこの速度は仕方がないが、1台接続だとほぼそれに近い数値が出た。)

恐らくだが、発熱による動作不良や速度低下があり、致し方なく改良型を出したのだろう。

今まではWi-Fi側のDHCP不具合や、急な接続断、速度不安定があったが、そんなに問題がなくなった。

この機種をお使いで、速度低下にお困りであればJ:COMやお使いのケーブルテレビ局に

この旨を言って、交換してもらうといいだろう。

さて、別の話になるが貸与品のはずの本品が、ヤフオクに中古で出回っている。

しかも一つは、JCOM貸与品のシールが貼られたままである。

これをつなげると繋がるのだろうか、まあIMEI的なのがあって、それで契約を判別しているのでしょうし、繋がらないだろうと思うが。

たとえ追加料金を払ってでも、320Mbps/10Mbpsのプランにしたいが、それは不可能と管理会社に言われている。

ネット発信を行う筆者にとっては、上り2Mbpsは致命的である。ZOOMで通話しても、5秒ぐらい遅れる状態。ネット難民状態は今後も続くだろう。

とりあえず、深刻的不安定状態は解消したので、しばらく様子を見てみたい。

まあある程度稼げたら、光を勝手に引いてやろうか、ドコモのSH-52Aだったか6万円ぐらいする5Gルーターでも買おうと思う。

ケーブルテレビのインターネットなんて、もう20年以上前の遺物である。現代の特にテレワークには適さない。速度は下り以外ADSL同様であり、

もはや5Gが流行する中、3Gの5.7Mbps未満のなんと2Mbpsである。(最高プランでも10Mbps、スマホの4G黎明期(2010前後)でも15Mbps。)

ネットを引くのであれば断然、光回線一択、できればNUROやフレッツ光クロス、eoやauのように2Gb、10Gbなどの回線を引きたい。

(ここで、よくある広告入れないことにしておく。)

是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSもぜひご確認ください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。