是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマス症候群に注意!!NOMORE同調圧力!!心理学にも紐付けて考える!

是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
クリスマス症候群に注意!!この記事でクリスマスマスター!!心理学にも紐付けて考える!

⌚️この記事は平均 5 分で読めます

さてさて…明日はクリスマスイブ、そして明後日はクリスマスですね。

リア充の皆様は、お待ちかねの聖夜ですねぇ。

イルミネーション、クリスマスケーキ、クリスマスチキン、宿泊?ユニバ?ディズニー?そして…??

ええ、大いに結構です。

しかし、クリスマスとは元々、キリスト教の行事、イエス・キリストの誕生を祝う祭です。

いつからリア充御用達や、カップルがうんたらーの行事になったのですかね。

ぶっちゃけ、それどころではありません!!

恐らくこれを見ているのは、非リアの皆様だと思いますが、悲しくなることはありません

この記事を見て、生暖かくリア充電たちを経済発展の為にわざわざ店や企業の戦略に乗っている人と見て、

勝ち組になりましょう。

クリスマスをリア充行事と言い出したのは誰だ…!?

海外のパーティー風習が作り出し、洋食…洋風化…などなどから海外の文化を取り入れよう、という流れで、クリスマスがパーティー化した!!という説も強いですが、

多くはメディアや、クリスマスにパーティをすると儲かる企業じゃないでしょうか。

K●Cでおなじみのチキンが便乗すれば売れますし、クリスマスケーキなんて作っても売れます。

それを手軽なコンビニやスーパーまでやり出せば、売れますし、ノルマ掛けて積極的に売っていたりしますよね。

そんな洗脳に騙される必要はないんですよ。

そして企業がそんなこと始めれば、マスコミ、メディアがこぞって、「クリスマスは大切な人と〜をしよう!〜〜特集!!」なんて放送したりしますよね。

こうして、メディアからバイアスをかけられ、クリスマス本来の目的から、クリスマスは彼氏彼女や、大切な人と過ごせないと「悲しい」という偏った印象を植え付けられてしまいます。

自分もそんな頃がありましたが、特に同調心理が大っ嫌いな自分にとってはなんだか疲れるだけなんですよね。

クリスマスに彼女、彼氏と〜に行った、クリスマスに彼女、彼氏と〜をした。

だから何ですか?という感じです。

先ほどもお伝えした通り、クリスマスとは本来、イエス・キリストの誕生を祝う日ですが、

日本であれば特に「これ」と言った宗教を熱心的に信仰している人は少なく、葬式の時には仏教、正月には神道、そしてクリスマスはキリスト教です。

まあ、あれもこれもな日本人らしいですよね。

話はたくさんあっちこっち行きますが、様々なソースでも日本人のおおよそ5〜6割ぐらいは「恋人がいない」と言われがちです。

なので、クリスマスを過ごす人がいないあなたは多数派です。なんて言えば同調圧力の強い日本ウケは非常に良いわけですが、

そんなことしたくないので、まぁ頭のどこかにでも留めておいて下さい。

企業戦略

年賀状は郵便局が作り出した風習。おせち料理にあれやこれやと関係ない物まで入れてるのも、料理を作る企業の戦略。

クリスマスに大切な人と…! なんて、某ネズミの国や、ユニバーサルな所などが打ち出すと、ビジネス大成功、大儲けですよね。

イルミネーションが綺麗です!!ぜひ、大切な人と〜なんて、テレビやメディアが言おうなら…?

そのようにして、本来のクリスマスの目的から、「恋人や家族と楽しむもの」→「特に恋人と楽しむもの」という印象が強くなってしまったと考えられます。

相手が居てもクリスマスに無理しなくてもよい

そしてリア充の方の中では、「クリスマス、めんどくさい」という人も居るのではないでしょうか。私もそうでした。

時間がない、お金がない、ネタがない、ゆっくりしてたい、忙しい、…etc

だったら別に、特別なことする必要はないと思います。それで別れるのって、そこまでの関係なんですよね。

今お付き合いしている人と、結婚や将来まで考えているのであれば、一度何もないのんびりしたクリスマスでもいいのではないでしょうか。

イベントイベントで毎回あれやこれやしてると、社会人になってから時間もお金も持たないでしょう。将来的な方面に動く前に気が付いたら非常に良いことです。

これ以上の女性、男性は居ない!!なんて思ってても、出会うたびにこれ以上の!!(以下ループ)になるのですから。

そして恋人がいない皆様。こうして行事行事に予定組んでデートなりしないと維持できない関係として、高みの見物として見下して見るのはいかがでしょうか。

(というか、非リアの・・・という表現に違和感がある…何かいい案を募りますw)

男性なら、最後のアレが目的な人も居ると思いますが、ぶっちゃけ、人数、回数、重ねりゃー「自分、何やってんだ?」って、飽きますから。笑

その欲求は、そんなに長くは続きませんよ。でも欲求が満たされた後に待ってるのは、著しい虚無感ですけどね。

人間として生産性のない時間を過ごした。という後悔も待っています。とは言っても、一度そんなクリスマスを過ごしたいって気持ちはわかりますよ。

そんなあなたにはマッチングアプリがオススメ。何度か過ごしたら飽きますから。

それでも悲しくなりそうなあなたに

現に、こんな記事書いてる自分はとっても悲しいので、これを実践するつもりです。笑

そう、それは、そんなあなたを蝕む厄介な病です。

クリスマス🎄症候群 (Christmas Syndrome) です。

これを予防するには、まず外ではイヤホンをしましょう。多数の企業は、1ヶ月前からクリスマスソングを大量に流し、洗脳を試みています。

そして、こんなアナウンスまで流しているのではないでしょうか。

「さあ、そろそろクリスマス。本日はご来店いただき〜(以下略)、クリスマスの準備はもうできていますか? イ●ンでは、クリスマスチキンやケーキのご予約を〜(以下略) 大切な人と〜(略!!!!)」

そして、Twitter、Facebook、Instagram、LINEのタイムラインなどのSNSは同2日は封印、特にInstagramにはたくさんの聖なるストーリーや投稿がアップされますので、

Facebookは仕事で使ってて…という方や、LINE封印は難しい…という方は、Instagramは絶対に封印しましょう。

そもそも、Instagramをやってないあなたは最高です。同調圧力にも負けず、クリスマス耐性は高いかもしれません。

特に、Instagramは幸福な投稿ばかりされるところですから、鬱になりやすいSNSです。