フェロモンや、言葉に出来ない相性は存在するのか?

🕒この記事を読むのに掛かる時間は、平均   4  分 です。(集計中)

(統計のため、読み終わりましたら最下部の「読み終わったボタン」のクリックにご協力お願いします。)

さて、早速ですが…

「フェロモン」や「言葉に出来ない相性、見えない相性」、存在すると思いますか?

例えば、あなたが女性なら、

顔も見た目もイケメンで性格もタイプだけど、なんか無理だなぁ…

と思ったり、例えばあなたが男性なら、

顔も見た目も可愛くて性格もタイプだけど、なんか無理だなぁ…

と思うこと、ありませんか?

無理ではなくても、逆パターンとかもありませんか?可愛くもかっこ良くもなく、性格も大して良いわけじゃないのに、惹かれる何かがある…など。

今この記事を見ているあなたのケースじゃなくても、他人から聞いた話でも。

そこに、何が隠されているか気になりませんか?

今回は、その隠されているフェロモンや言葉に出来ない、見えない相性は存在するのか?

について、考えて行きます。

そもそも論

見出し通りですが、そもそも恋愛において、

一般的に女性は全世界の20%の男性を恋愛対象と見て、男性は80%の女性を恋愛対象と見る。と言われたりします。

(本当かぁ…?と思うのですが、個人差が大幅にあると思います。私なら多分、見るとしても50%ぐらいでしょう。)

つまり、女性の方が慎重に相手を選ぶ、ということですが、まあこれは生物学的にも理にかなっているでしょう。

本能的にも、男性は種をばら撒き、女性は優秀な子供を残そうとしますので。

つまり、男性より女性の方がフェロモンや、見えない相性について敏感ではないかと予想できます。

フェロモンとは?

ではそのフェロモンとは何なのか。という事については様々なサイトが触れているので、そちらの方が詳しいでしょう。

清潔感、身だしなみ、色々言われますが、それで解決すればフェロモンなんて言わないですよね。

恐らく、身体が潜在的に感じ取っている相性ではないかと私は思います。

やはりなんとなく無理!とか、なんとなく良い!とかあると思うんです。

たとえ私に彼女がいなくても、どれだけ可愛くて、清楚で、清潔感があって、性格の良い子だからといって、必ず惚れる!!というわけではないですし、

パッと見ただけで なんとなく無理…と感じたこともあります。

恐らく、このようなフェロモンから、人間関係でのパレートの法則も成り立ってるのではないか?と考えます。