是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠加算ってどうなの!?登場した理由や必要性を考察!!

是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
妊娠加算ってどうなの!?登場した理由や必要性を考察!!

不平等ではないか?

では、障害者割引や子供手当ては不平等ではないのか?ということですが、確かにその通りかもしれません。

妊娠加算があるのなら、障害者加算、子供加算もないと不平等!!と言いたくなる気持ちも分かります。

しかし、それをするとどこかの利権団体がうるさいのでしょうし、

個人的には、妊娠も、子供も、障害者も加算にして、何らかの形で手当て…が誰もが幸せで妥当じゃないかと考えていますが…

(減額減額でも、気軽に医療を受けるようになり、本当に必要な人が受けれず、負担増にもなりますから。病院の混雑解消にもつながるでしょうし、セルフメディケーションも推進ということで。)

とはいっても、簡単にはいかないのでしょうね…

だとしても、世の中のサービス全てに言えることですが、医療はボランティアではありませんので、「お金」がもちろん必要です。

最近はアプリやサービスなどが「無料」で受けれることが当たり前と考える人も増えてきているようですが、これを拡大解釈して考えている人もいるのかもしれません。

ですので、何かしら普通と異なる場合はお金が発生してしまうものです。

私も、人一倍体調不良を起こしやすいので、医療費やサプリメントなどの体調管理に必要な費用は多くかかりますが、仕方ないと考えています。

さいごに

私は賛成と言いましたが、よく考えればなんか変ですよね。「同じ手間がかかる」という観点では、子供加算や障害者加算もあるはずなのに、むしろ割引になります。

どうして今回こんな事を書いたのかということですが、まあ時事ニュースに関する考えとかも発信したいなぁと考えていたのと、

近々経済発展に関する論文試験があり、それに使おうと考えているからです。

(ブログを書きながら、課題も進行しているという感じです。)

色々ズカズカ言いましたが、もっと明確かつ平等になって、社会が豊かになればいいなぁと思います。

是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加