男女間の会話、行動の温度差を解説!まさかの180度違う世界!?

🕒この記事を読むのに掛かる時間は、平均  3  分 です。(集計中)

さて…表題通り男女間の会話の温度差ですね。ここって実は異性だから仕方がない。と放置されがちの話ですが、

案外、重要だったりするんですよね。

ここを徹底する事で、「人に気に入られる術」の3割ぐらいは達成じゃないかなぁ。と思うぐらい重要です。

そして「女性の男性脳」、「男性の女性脳」を見分ける方法の一つでもあるのではないかと思っています。

(女性だから女性向けに会話を合わせればいいって訳ではないんですよ。ここを見分けて、適切な合わせ方をすれば、なぜか仲良くなれない、会話が弾まない。なんて事は解消するかもしれません。)

ではでは、始めていきましょう。

一般的に女性は「間接話法」男性は「直接話法」

これもよく言われますよね。

例えば、直接話法なら「トイレ行きたい」という言い方でも、間接話法になれば「トイレ行かなくても大丈夫?」など、責任まで投げてきたりするケースもあります。

これはかなり極端な例ですが、分かりやすいのでこのように例えています。

よく、私はそうじゃないよ~という意見をもらったり、直接言われたりしますが、

よくよく話を聞いていると、残念ながら「そうじゃなかったり」するのです。

つまり、ほとんどのケースで男女差と言えるだろうということが、わかります。

旅行に行ったりすると…

例えば旅行に行ったりすると、男性は目的地点を決めて一直線に行く方がほとんどだと思います。

というのも、私は若干女性脳な方向があるため、一直線に決めるものの、寄り道します。笑

しかし、女性の場合だと、ある程度目的地は決めていても、その行き道で様々な寄り道をしがちです。

ここでも、男女間では喧嘩の原因になったり、すれ違いが生じたりしてしまいます。