是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性にも「生理」の名残が存在するのか

是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

来ました。きわどく鋭い記事。笑

リピーターの方も多いので、ちょっと挑戦的な記事を書こうと思います。

嫌われようが、売れなかろうが、臭い物に蓋をされている事を徹底的に重箱の底を突くように放り出して行くのがこのブログですからねw 見るのが楽しくて仕方がないのではないでしょうか(自爆)

さて、「男性にも生理(の名残)があるのか」という議題ですが、人間の原型はそもそも男女共に同じですし、あってもおかしくないと思うんですね。

当然辛さや症状の重さを比べると、女性の比では無いですが、このサイトの情報や、私が男女数人に聞いてみた情報(統計的に少ない)、私の体感では、あるのでは無いか?と考えています。

上記サイトより引用

しかしなんと、男の人にも「生理」があることが近年、わかってきました。

●男性の「生理」って何?

 では男性の「生理」とはどんなものなのでしょうか?

 具体的には、倦怠感、集中力の低下、性欲の減退が主なものだといいますが、女性のようにはっきりとした腹痛や吐き気とは違い、具合は悪くないけれど何となくだるい、イライラするといった形であらわれるそうです。

 何となくやる気が起きない、やったとしてもはかどらない、出かけるのがだるいといったことが見受けられるときは、男性の「生理」中なのかもしれません。

引用ここまで

この話を切り出した時も、「ああ、なるほど…」という反応が多かったので、きっとそうでは無いか?と考え記事にしてみました。

ついでにこの議題は医者とも話をしたことがあり、ある程度どの説か?というのは見当がついています。

とはいえ、根拠として確証しているか?と聞かれると、そうではないので、参考程度や話のネタとしてご覧ください。

もちろん、生理的現象を軽く考える事ではなく、男性にもその名残があるのか?というのが今回の着目点ですので、ご承知の上でご覧下さい。

関係ないですが、この記事とか見て、女性は強く痛みに耐えているんだなぁ…とか、痛みに耐えている度合いは、女性より男性の方が多いのだなぁ…と、改めて自分の行動への責任感を再確認しました。

どうしても男は出すだけ(直球)になりがちですので、大事な事が抜け落ちやすいのですね。日本でも体感できる所があれば、一度経験しておきたい所です。

男性の方が身体は強いとか色々諸説はありますが、おそらく男性の方が痛みには弱いので、私が出産したら死亡すると思います(確か産んだら死ぬ動物って居たような…)

概要

大まかな説としては「骨盤説」「テストステロン説」サイトでは挙げられていますが、これと合わせて「性欲と自慰、夢精の関係性」があると考えます。

体調変化

体調の流れとしては、どんより期〜普通以下期〜キラキラ期と、なんかどこかで見たことありそうな感じとあまり変わりはありませんが、

私の場合は、どう考えても、どんより期と普通以下期が圧倒的に長いです。。ちなみに今どこか?と聞かれると、普通以下期だと思います。

・どんより期

もうこの期が無くなれ!とでも思う事が多いです。お腹は下しますし、トイレは近いし、眠いのに寝れないし、無性にイライラしますし、音にも敏感になり、音楽を聞いても微妙な音程変化が気になり楽しめなかったり、

楽しい事がたくさんでも、なぜか気持ちはネガティブになります。今は好きな学問、好きな仕事で生きていますが、それすら手に付かず、大好きな彼女の事も、あまり考えれません。

そんなオーラが出てしまうのか、微妙に周りとも距離を置かれがちなのがこの期です。周りには出さないよう、気をつけているのですがね…

まあ最近は、あまり周りにも感付かれにくくはなりましたが、かな〜り堪えて堪えて見えない所でドカーンしてたりします。笑

ついでに、この期は性欲もほぼ皆無に等しいです。

・普通以下期

なぜ、名称を普通以下気にしたかというと…この期に普通は超えないんですよね。

とりあえず無性に不調が起きることはないですが、とにかくフツーか、雨とかで気圧変化もあるとかなりぐったりしたりします。

(最近は雨続きで買い出し行けねぇ…洗濯物干せねぇ…部屋じめってる…とかイライラしてたりします(違う))

なんて言ったらいいんだろう。とりあえず生理的現象としてはプラマイゼロ。みたいな。

まあスイッチが入れば性欲も起動するけど、普段はそんなに。って感じですね。(この辺は後述)

・キラキラ期

もうこれが見たくて仕方がないのでしょう。分かる。笑

とりあえず元気です。4時間睡眠でもぶっ飛ばせます。仕事もアイデアがわんさか湧き、新しい事を始めたり、いつも以上に明るく振る舞っています。

この期が来たなぁ…と思ったら、さっさと部屋の片付けしたり、決断に迷っている事をしたりします。

性欲が中学生男子レベルまでは行かなくても、高校生男子レベルまで登ります(爆)

(なんかあまり思い浮かばない。この記事、キラキラ期に書くべきだったなぁと思ってる。笑)

こんな感じで、どこかで見たことあるなぁ…とか、思い当たりないですか?

自分、女性に生まれ損ねた男子か?とでも思われそうですが、

過去振り返っても女友達の比率が多かったり、なぜか女子会に居たり、そんな感じはしますが、

恋愛対象や欲求は正常ですので、ご安心ください。(何を安心するのだよ)

案外気圧変化とかだったり

気圧で体調が変化しやすい人も居ると思います。私もそうです。雨が続いたり、台風が近付いたりと、様々な要因があると思います。

しかし、キラキラ期にはそれが起きないんですね。普通以下期はかなり影響が大きいです。

性欲と自慰との関係性

これは上記サイトで挙げられていた「テストステロン説」ですね。

男性の場合、射精するとテストステロンが変異してジヒドロテストステロン になり、抜け毛が増えたり、身体が脂っぽくなって臭ったり、何だかだるくなったりします。

男性の場合は、体質もあると思いますが自ら排出しなくても、強制的に排出されるので、その周期の関係性もあるかもしれません。

<周期を無理矢理変えたり止める方法もありますが、薬事法の問題もあるのでここでは言及しません。>

性欲の流れとしては、小〜中学生で精通してからピークに達し、20代〜で落ち着き、20代後半〜で降下するのが一般的だと思います。

なぜか私は、高1から落ち着き、高2〜浪人期にかけて一気に降下し、現在では60%ぐらいまで落ち着いた気がしますが…笑

女性の場合はむしろ、ホルモン分泌による美容効果や、愛を感じれたり、どちらの場合でもメリットは多いようですが、男性は限度がありますからね…

そこで本題ですが、そのピークだった頃は、「常日頃キラキラ期」だったなぁ。と思うんですね。高校入ってから体調の変調が多くなったなぁ、と感じたのも、関係性がありそうです。

浪人期〜大学からは、急激な変化は少なくなったものの、ピークも下がったなぁと感じます。

自慰 or SEX

これは私の数少ない経験からのデータですが、原理的には同じはずですがSEXの場合だと、上記現象が軽減されるか、全く無いんですよね。

(経験人数は想像にお任せしますが、最高記録は4回/日で、同じ回数の自慰データと比較して)

ここはまだ他の人から取材が出来ていないので(取材出来そうな場が無かったw)、仮説として。

体液が触れたか?お互い愛のある行為か?等も関係があると分かりました。これを満たす場合に、かなり体調変動がプラスになるのではないか?と仮説を立てています。

なので風俗とかだと、また違ってくるかもしれません。(行ったことないですが)

まとめ

☑️ 男性の生理の名残は、先述したサイトの骨盤説、ホルモン説に加え性欲、射精などで相関関係があると考えられる。
☑️ 行為によってバランスが変わったり、好転することがある。
☑️ タブー視せずに語ることが、より深い理解に繋がる!!(最後書くことがなかった…)

という感じですね。我に帰り、なんだこの記事…って感じですが、

まぁ話のネタにでもしてみてください。笑