職務質問されない方法

今日の記事、なんだか、ええ!?みたいな記事ですよね。

そうです、ええ!?な記事です。

職務質問、任意という名の強引尋問です。急いでいる時とかにされると非常に面倒ですし、何だか気分が良くないですよね。

実は私は、職務質問スポットで信号無視しようが、明らかに怪しい行動をしてみたりしたのですが、

職務質問されたことがありません。笑

(子供心ながら、一度されてみたいなぁ。とか思ったり。)

ついでに試しにバイクでぶっ飛ばしても、警察に捕まった事もありません。

今回はそれが何故なのか?を分析、研究してみて、お話してみようと思います。

といっても確立していないので、大まかですがね。

あ、犯罪を助長する記事ではなくて、忙しい時に食らわない様にするライフハックですので、お間違いのないよう。

堂々とする

まず職務質問される人の特徴として、「何かやった顔をしている」というのが大きなポイントなんですね。例えばちょっと手を出してしまった等、軽い犯罪だったとしても、必ず何かしら後ろめたい挙動が露になってしまうのです。

ですから、自分の行動一つ一つに自信を持てばいいのです。そうすれば、あなたは何一つ怪しくない人間になっています。

もしそれが出来れば、サイコパスかもしれませんけどね。

盗難自転車に乗った人が即職質で見つかりやすいというのも、運転の自信のなさが現れているので、そういった所がプロの目には見られやすいのですね。

あ、盗難はダメですよっ!

見つめてやる

まぁ怪しい感じがする人とか、なんか今話しかけられたく無いなぁ、なんて考えてる人って、警察が居れば目を逸らすのではないでしょうか。

そうです、当たり前ですが、その行動は怪しまれやすいので、むしろ逆に見つめてやればいいんです。

「私は潔白だ」と、テレパシーを送るみたいに。

そうすれば、警察の方も目を合わせて睨んで来ますが、案外何もされないものですよ。

その人が放つオーラ

オーラとかその人が放つフェロモンとか、私は正直半信半疑ですが、

何か悪い事を企んでいるか、実際にした人ってそういったオーラを電波みたいに放ってるんですよね。

たくさんの人と関わってきて、なんとなくそういうのが感じ取れるようになりました。

清潔感

これも他よりは重要度は低めですが、それなりに重要だと思うのですね。シャツがよれてる人か、キチッとした人か、どちらが怪しいと思いますか?

まぁ最近ならキチッとした人の方が怪しまれるかもしれませんが、上3点と徹底すれば、そんなに怪しくならないと思うんですね。

後は犯罪者っぽい顔つきとかもあると思います。顔は整形でもしないと変えられないので、

せめて髪型、眉は整えて、男でも周りを気にせずスキンケアや最低限の化粧をしたり、服装とかは、取りあえずよく分からなけりゃ店員さんに任せるとか、ファッション雑誌を参考にしてみるとかして、

最低限していれば、清潔感は現れるはずです。

私も一時期、犯罪者みたいな見た目とか言われていた時期もありました。というかその方が長かったですが、

これらを徹底することで、いつかそんな印象の面影すら無くなりますよ。

まとめ

☑ 行動一つ一つに自信を持ち、堂々とし、テレパシーを送る。笑
☑ ジローっと見つめてみる
☑ よく分からなければ、流行に乗った最低限の清潔感。

といった感じです、とか言った矢先に職質されたら面白いですけどね。

そういえば年確はしょっちゅうされます。見た目が子供っぽいので当然でしょうけど…居酒屋でもされるのは、さすがに雰囲気変わるw