AAC対応高音質で激安の完全ワイヤレスイヤホン「MEES Audio T1」のレビュー!!

AAC対応高音質で激安の完全ワイヤレスイヤホン「MESS Audio T1」のレビュー!!

⌛️この記事は平均 10 分で読めます。

さて…iPhone 7 が火付け役となり、Xperia XZ2でもイヤホンジャックが廃止に続き、

HuaweiのMate 10 Pro以降もイヤホンジャックがなく、ワイヤレスイヤホンの普及が爆発的に進んでいます。

現在も、遅延や音質の面ではAppleのW1チップを搭載した「Airpods」に勝る物が非常に少ないのですが、

今回は「比較的低価格」かつ「高音質」な完全ワイヤレスイヤホンを紹介します。

その名も「MEES Audio T1」です!!

最初、MESSかと思ってて、雌オーディオ…!? はたまた、乱雑なのか!?

なんて事考えてましたが、MESS(ミース)ですのでね…笑

iPhoneや、Android 8.0以降のスマホの方であれば、AACが使えますので、高音質で聴けます♪

(ただし、Galaxy Feel2 SC-02Lで確認したら、AACが使えず…機種により差がありますので、対応状況を要確認。)

筆者が購入した際は、1,980円で購入できましたが、現在2,980円まで上がっています!!

付属品は、こんな感じ。

SMLのイヤーピースに、深めのMサイズピースがもう1つと、シリコンイヤーピースが1つ付いています。

サイズ感は…!?

左側が、Optoma Nuforce Be Free8 右側が、MEES audio T1です。

サイズとしては、10円1個より小さく、非常に軽いです。

完全ワイヤレスは、L側がメインでR側はサブで、若干重さに違いがあったりしますが、

両方とも同じ4.6g。

ケースと合わせて37.3g

ケース単体では28.2g

イヤホンとしては非常に軽量で、付けている感じはほとんどありません。

では、次のページで実際の音質や遅延を見てみましょう。

音質や遅延をチェック

接続コーデックはSBCとAACの2種類に対応。ただしSBCは安価イヤホンによくあるBitpool(音質の値)が低く、

主に高音域で音割れが目立ちます。

AAC接続では、非常に音が綺麗で高音域割れもありません。

では、実際に遅延を確認してみましょう。遅延の確認は、こんな感じで撮影しました。笑

なので実際の音質とは異なります。使用した動画はこちらの動画。

AACでもSBCでもほとんど差はなく、

やはり ガッツリワンテンポ遅れます。

この辺はワイヤレスイヤホンの宿命…いや、愛用している700円のワイヤレスレシーバー(普通のイヤホンをワイヤレス化するやつ)は、

SBCだけの対応ですが、Bitpoolも高く音ゲーしても遅れません(これにはびっくりw)

参考までに、Optoma Nuforce BeFree8 は、SBCでも遅れないので、機種固有の問題であると考えます。

片耳にしたり、Bitpoolを更に下げたりと色々頑張ってみたのですが…このイヤホンは改善しませんでした。(以前に買ったのは改善したのですが…もう手放したもので。。)

2年前に5,888円で買った、別のBluetoothスピーカーは、こんな感じ。こちらもSBCのみです。

QTuo VICTOP Royalerというスピーカー。気に入ってるのですが、こちらは中古すらもう売ってません。

BOSEのSoundlink mini 2 に引けを取りません。

気になる音質に関しては、iPhoneの付属品、EarPodsと似たり寄ったりな感じです。

BOSEのようなドンシャリでもなく、100均イヤホンみたいなかまぼこでもなく、万人受けな音。

意外といい感じです。長時間聴いてても聴き疲れしない感じ。ただ、重低音に関してはイコライザでそこそこは出ますが、期待しない方がいいと思います。

SBCでもギリギリ聴くに耐えますが、音が割れます…

そしてイコライザなしではNuForce BeFree8と音質の違いがわかりません。イコライザを効かすとNuForceの方が低音が鳴りますが…

多数のカラーバリエーション

カラーバリエーションは、

ブラック、ホワイト、ネイビーイエローグリーンオレンジパープルピンクの全8色!

あなたにお似合いの色が、きっとあるのではないでしょうか!?筆者は、定番のブラックにしましたが…笑

ホワイトは、若干ゴールドっぽい感じで、ネイビーは、ちょーっと青っぽいのが特徴です。

まとめ

☑️ この価格でこの音質なら、AAC対応機器をお持ちの場合は買いです!

☑️   動画を見る人やゲームする人は、遅延に注意!ゲームには全く向かない!

☑️ 完全ワイヤレスイヤホンの入門にオススメです!

例えば、iOS機器やAndroid8.0以降でAAC対応の機種をお持ちの方。

MacなどでもAACは使えますが、Bluetoothのパラメータを操作するソフト(Bluetooth Explorer)が必要ですので、中級者向けになります。

これを見て気に入りましたら…

価格もお手頃ですので、ぜひ買ってみてください!!

ちなみにちらっと紹介した、NuForceはこちらです! aptX-LL対応かつ完全ワイヤレスで唯一の機種なのですが…今、人気なのか新品の在庫が全然ないようです。