是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「安いアクティブノイズキャンセリングイヤホン」とWF-1000XM3を比べてみて!少しでも良いならオススメ

是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ノイズキャンセリングイヤホンと言えば…

AirPods Proか…

WF-1000XM3

このどちらかと言われがちですよね。

正直、AirPods Proも一応買ったのですが未だに届いておらず…視聴はしましたがWF-1000XM3とAirPods Proの

ノイズキャンセリング性能は互角だと思います。

なので今回は、Amazonで2,000円台で買えたノイズキャンセリングイヤホンの性能を検証していきたいと思います。

(WF-1000XM3やAirPods Proのレビュー記事は先代のもっとわかりやすい記事がたくさんあると思いますので、端折ります。)

ちなみに、商品はこちら。

【Bluetooth 5.0 IPX6完全防水 ANC】Bluetooth イヤホン スポーツワイヤレスイヤホン 15時間連続再生 マグネット搭載 SBC&AAC対応 マイク内蔵ランニング用 ハンズフリー通話 ANCノイズキャンセリング搭載 自動ペアリング 運動 ブルートゥース イヤホン iPhone/ipad/Android適用

現在3,980円ですが、筆者はタイムセールで2,500円ぐらいで買えました。

実はレビューを書いてメールを送ると500円分キャッシュバックがあるので、実質2,000円。フツーのワイヤレスイヤホンが買える値段でノイズキャンセリング…!

付属品はこんな感じ。

まあ、一般的な感じですね。

ユニットが左右各1つあり、片方に操作盤がある感じです。

なんと、アクティブノイズキャンセリング搭載なんですよね。意外です。この価格帯の商品にも搭載されたのか…という感じです。

まあ、WF-1000XM3などと比べりゃ、しょぼいしょぼい。

SONYが10とすれば、3ぐらいのノイズキャンセリング。唯一こちらの機種にも搭載されているスーパーヒアリングモードは、

SONYのクイックアテンションモードと互角ぐらいかな。

確かに、ザーとかゴーとか、ファン音といいますか、継続的に発生しているノイズに関してはある程度効果はあります。

しかし、それ以外の突発的な音や、大きな音に関してはソニーの方がキチッと取り除ける印象です。

まあ、安物側もイヤーピースをコンプライの遮音性が高いやつとかに変えたら、もっと効果が上がるかもしれませんが、

どうしてもノイズキャンセリング性能はSONYの方が勝ります。

まあ、それでも「ちょっとでもノイズを取り除いてほしい」のであれば、十分買いでしょう

デジタル耳栓ぐらいと大差ないと思います。

気になる音質はどれぐらいか?ということですが、EarPods AirPodsよりも若干解像感が悪く、

全体的にかまぼこ。100均イヤホンよりちょっとマシ程度です。

ただ、ダイソーの500円ワイヤレスイヤホンみたいにモノラルではないようですので、そこは大丈夫でしょう。

低音も鳴ります。が、心地よい低音ではないでしょう。

まあ、聞くに疲れる音ではないです。逆にバッキバキに良い音ではないので、聞き疲れはしにくいです。

ダイソーの300円高音質イヤホンぐらいかな?視聴したことも買ったことはないですが。

ひとまず、まあノイズキャンセリングはおまけ!ぐらいの捉え方でいいでしょう。筆者的には50点ぐらいなので、誰かにあげるか、返品しようと思いますが。

しかし、ノイズキャンセリングって最初は大したことないなあ、って感じですが、付けてみると意外と作業に集中できたりしますので、

騒音や集中できないにお困りの方は、購入を検討するのもオススメです。

まあ、気になった方はこちらを参照してみてください。(紹介しているのは一番目のものです。ソニーの物でも安いノイズキャンセリングがあります。)

この辺のイヤーピースとセットで買うと効果も上がるかもしれません(合うかどうかわからないので、確認してから購入を)