大阪学院大学の学費減免署名運動に関して注意が必要です。

大阪学院大学-コロナの影響により-大阪学院大学の学費-授業料-施設設備費-減免を求めます

【コロナの影響により】大阪学院大学の学費(授業料・施設設備費)減免を求めます!

【コロナの影響により】大阪学院大学の学費(授業料・施設設備費)減免を求めます!
「今すぐ賛同」を押していただき、以下の情報入力をお願いいたします。
○学籍番号(在学生のみ)
○フルネーム
○メールアドレス(学校用のgmail等)
賛同後、ご登録いただいたメールアドレスにメールが届きますので認証をお願いいたします。
皆様のご協力よろしくお願いいたします。
*大学当局も新型コロナウイルスの被害者です。前例のない状況の中で、オンライン授業への対応等、教職員の皆様が私たちに教育を提供する為に尽力されていることに心から感謝いたします。
我々大阪学院大学在学生は学費の減免を要求する正当な理由があるということで今回署名活動を始めさせていただきました。本著名活動の目的は「学費(授業料・施設設備費)の減免」にあります。以下の内容に賛同いただける方、ご署名をお願いいたします。
大阪学院大学では、半年に一度55万程の学費(授業料・施設設備費)が必要になります。(以下内訳)
商学部、経営学部、経済学部、法学部、外国語学部、国際学部
学費:464,000円
施設設備費:60,000円
情報学部(単位制授業料制度)
学費:547,000円
施設設備費:60,000円
4/10からオンライン授業がスタートし、6/4まで本学への立ち入りが禁止されています。(現時点2020/04/30)学校側も非常事態に対する策を模索中だと思いますが、オンライン授業に関しまして、通常通り行われている対面授業とは見合わないという意見も挙がっています。
例)
・直接質問ができない
・通信に時間がかかる
・授業時間が少ない
・通信環境が整っていない
そのため、例年通りの学費を納めるに値しないと考えます。加えて、施設設備費は本来私たちが利用する予定の図書館・学生食堂をはじめとする様々な施設・水道代・空調代等に当てられています。今現在全く施設を利用することが出来ない私たちが、例年通り施設設備費を納めたとしてそれに見合うサービスを受けられると思えません。
他大学では、既に学生全員に5万円の支給や施設設備費、授業料の一部返還をする動きも出てきています。通常とは違う形での授業形態で、学生・教職員双方に不憫なことが多くあります。コロナウイルスの影響により経済的に厳しい中で、例年通り学費を納入することは受け入れ難いものです。よって、我々大阪学院大学在学生は大阪学院大学に一律の学費の減免を求めます
大阪学院大学在学生、関係者の方々、大学側の真摯な対応を求める方は、ご署名をお願いいたします。

キャンペーンの進捗

  1. 藤野 廣瀬 小西

    1日前
  2. 2日前
    250人の賛同者
  3. 4日前
    藤野 廣瀬 小西さんがこのキャンペーンを開始
     

    あと144名の賛同者で目標に達します!このキャンペーンの成功を後押しするために、力を貸してくれませんか?

あなたの声がチカラになります
【コロナの影響により】大阪学院大学の学費(授業料・施設設備費)減免を求めます!

私はあなたの真摯な対応を求めます。

はい、大阪府から、oguを、ぶっこわーす。

さて、この投票の件について、動画でもお伝えしましたが、

取り組みとしては非常に評価に値するものと感じますが、こちらの発案者に話を聞いたところ、

この投票に関する重要な規定がされていない所があったので、ここで公開させていただきます。

まずこの方(名前はウェブページを参照)に連絡を取り、以下の件について聞きました。

Googleで名前を検索すれば学籍も出て来たので、その辺はオープンなのか無自覚なのでしょう。少し調べれば色々特定できます。

・個人情報の管理方法→プライバシーポリシーの定義がない。このサイトには、学籍番号や大学のメールアドレスを

持ってる人は入力するように書かれていますが、

それをどのように取り扱い、大学に公表するのか?処分方法などについて書かれていない

→その点に関してメールで突っ込んだ所、返答なし

また、話を逸らし「YouTube」で発案者の名前を公表している件に関し削除を要求してくる

→これに関しては、発案者がフルネームを、パスワードとかが掛かっているわけではないウェブページに公表していますし、

Googleで検索すればこんなページも出て来ます。顔写真まで出てますね。

第5回「ステキ☆塾2019」開催報告 | ステキ☆塾ニュース | 大阪学院大学ビジネス・チャット B-Chat

さらに突っ込んでいくと…この方は「拡散」をしてくれとメールに書いていましたが、

その拡散の定義がありません。

つまり、一意的にいかなる公開情報を広げることを認めたと考えられますが、YouTubeはこれに当たらないのだろうか?

言ってることとやってることが違うとは、このことです。

一部を引用すると〜〜

YouTubeを拝見させて頂き、勝手に私の名前が出ていて、正直驚いてしまいました。
YouTubeで取り上げていただいた事は本当に嬉しかったのですが、本人の了承なく先に名前が上がったので、違和感を感じてしまいました。
 
このまま賛同していただけるのであれば、私の名前の部分を削除して頂き、引き続きご協力頂ければありがたいです。
From:Rina Fujino 17k0062@ogu.ac.jp

藤野 綾花
〜〜
 
すみません、ブロックをさせていただいた件に関しましては、実名をYouTubeに公表されていたので、それで少し不審に思いさせていただきました。
 
〜〜
 
署名活動を友達と立ち上げましたので、拡散していただければありがたいです。
よろしくお願い致します。

ーー

→この方の名前で検索した所、ツイッターのアカウントも出て来たので、フォローして声をかけた所、突然ブロックされました。

何もやましいことがなければブロックはしないはずです。

この方は何をしたいのか、察する限りでまとめると、楽して自分たちの学費が減ればいい、でも、

他人の個人情報を使い、自分はリスクを取らない。法的な内容を突っ込むと返事をしない。

つまり要点的にまとめると、

この投票は現状せずに、私の続報発表をお待ちください。

危険です。返信があればさらに情報を更新します。

是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSもぜひご確認ください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。