ASUS ROG FLOW X13でWindows11に上げるとS3スリープしなくなる問題の暫定的解決法

非常に困る話である。

スリープをして鞄に入れていると、発熱し、いつの間にか電池がなくなっている。

今までのPCではそんなことはありませんでした。

しかしながら、このWindows10以降は「モダンスタンバイ」と呼ばれる厄介な機能により、

スリープ中もスマホのようにWi-Fiに接続し、プログラムがバックグラウンドで動くというのです。

それを無効化しようと色々試みているうちにスリープ自体が消滅…

してしまったので、今回はとりあえず、S3スリープに入る確率を上げる方法を

述べていきたいと。

第一

まず、レジストリや設定の変更は自己責任でお願いします。当方は一切の責任を取りません。

以下からレジストリのファイルをダウンロードして適用してください。

power.reg

すると、コンパネ→電源オプション→詳細な設定を変更 にたくさん項目が出ると思います。

それぞれ変更すべき場所を記述していきます。

・デバイスアイドルポリシー:両方省電力

・切断されたスタンバイモード:両方標準

(意味不明ですね。)

・ネットワーク接続がスタンバイ状態です:両方無効

■スリープ

・退席中モードを許可するポリシー:両方いいえ

・システム無人スリープタイムアウト:両方1分

・スリープ解除地タイマーの許可:両方無効

■電源ボタンとカバー

・強制ボタン/カバーシャットダウンを有効にする:両方オン

■バッテリ

・低残量バッテリのレベル:両方100%

・低残量バッテリの通知:両方オフ

・省電源移行バッテリレベル:両方100%

※サイレント、パフォーマンス、Turboでそれぞれ電源設定が変わるので、

併せて変える必要があります。

以上設定で、30分~1時間ぐらいでS3スリープに入っている(電源ランプが点滅している)

のを確認しました。

とはいってもなるのは気まぐれですけどね。

ACアダプタやモバイルバッテリーをつなげてるとならなかったり…

軽くて速く小柄な完璧PCですが、ここだけがネックポイントです。

ASUSさんには何度も問い合わせしていますが、初期化またはセンドバック修理を進められるばかり。

そしてWindows11はサポート対象外とはねのけられる始末。

新型が出ましたがどうなんですかね?

新型のリカバリーだけこっちに持ち込んで改善したり…するといいのですが。

とにもかくにも、とりあえず暫定的な処置の方法を書きました。

お役に立ちましたら、SNSでの共有やコメントお願いします。

ではでは。

是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSもぜひご確認ください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。