SNSでよく見かける「誰か」とは?

さて、ブログを開設しまして、本日が初投稿です。

どんなテーマで書くか…何を書くか…を悩んだ次第です。笑
記事自体は、ブログを作ろう!と思ったのはかれこれ半年以上前、
既に下書きがたくさんあるのですが…

前置きはここまでにしまして、
あなたはSNSでよく

「誰か遊ぼ〜」「誰かこれ教えて〜」

なんて投稿、見かけませんか?

これ、本当に「誰か(=誰でもいい)」のか、について、異論を提唱すると共に、実験結果を投稿します。

まず、NGパターンから。

それなりに仲がいい同性の投稿に、声を掛けてみました。

筆者「今から行けるでー」

相手「あ、ごめんもう遊ぶ人決まったー」

なんてお決まりの返答が来ました。

しかし

あろうことか、この投稿は消えてなかったんですよね。

そして数分後、その投稿者が望んていたであろう誰かが返信していたわけですね。

そしたら

「おけおけいこー」

!?!?!?!?

誰か とは、英語で言う”anybody”ではないのか…ことばのあやと言いますか、なんと言いますか…

すっごく切ない気持ちになりましたね。笑

この人と疎遠になった事は、言うまでもありません。(これも日本語でよくある、察するということですね。これもまた記事にする予定です。)

もちろん、僕はこうした婉曲的表現は

大大大大大っ嫌い

なので、使いませんし、使う時にはもちろん”anybody”な意味で使いますが…こちらの方が誤用なのでしょうかね。

さて、気になる成功パターンですが、こちらは別の方、異性になりますが、

他の同じような投稿で他の人に「ごめんもう大丈夫ー」的な事を送って、投稿を決してなかった事があったので

このパターンと判断したとします。

「誰かプログラミングの課題教えて」

まぁこれは僕だろう。という察しがあったので、親切丁寧に教えました。

すると…

「けいすけくんなら来てくれると思った、本当助かった!ありがとう!」

なんて返答が…!! これは確実に成功パターンですね。

はい、こんな風に日本語の誰かは、anybodyでは無いよ。という外国人向けの日本語解説記事みたいになりましたが、結論をまとめると…

・「誰か」とは、特定の固有人物に対する代名詞であること。

・この「誰か」に該当するかを察する必要があり、誤って送信すると、友達でも冷たい反応を受ける。

という事ですね。声を大にして、

いやいやおかしいだろ!!

と言いたいですね。

その気持ち、とってもわかります。そんな方はぜひコメントを残して行ってください。

この記事に対する いやいやおかしいだろ!! や、議論も大歓迎です。笑

次回もお楽しみに〜!