工業高校にはどんな人がいるのか?

さて、工業高校に関しては以前、こんな記事で私自身の生活については書いてきましたが(最後の方参照)

ではその工業高校にはどんな人がいるのか?という話です。

まあぶっちゃけた話、筆者の通っていた都島工業高校は筆者の代からでも人気が低下し続けていますし、

定員割れしている所すら増え、入試制度すら変わっているのが現状ですので、

今の所、どうしても高卒で大手企業に就職したい、工業高校で良い成績が取れる!という人以外にはお勧めできる状態ではありません。

とにかく女子は少ない。

大体分かりきっている事ですが、女子は少ないです。クラス40人が2クラス構成で、80人のうち2人ぐらいで、

筆者の居たクラスに2人居ましたが、もう1つのクラスには0人でした。

なので、高飛車な女子もいます。自ら「女子は貴重」と言い出し、男子を見下す人もいます。

もちろん謙虚な人もいます。

そしてあんまり可愛くないことも多いですが、モテることもあります。

モテない場合は神格化されてることが多いですね。女子はみんなの者みたいな。

特に工業高校の場合、ホモ化するやつも多くいますので、決して女子ばかりがモテるわけではありませんね。

ヤンキー3割、インキャ・オタク6割、その他1割

これが高専やもっとレベルの低い工業高校だと割合は変わってくると思いますが、

都島工業高校ではこんな感じでした。

ヤンキーは本当にめんどくさいです。女子みたいな陰湿いじめをするチンピラみたいなやつもいますし、

バイク乗り回すやつ、普通に暴力振るう奴、色々います。

オタクは基本大人しいですね。筆者の代ではラブライバーが多かった印象です。

その他1割は、意識高い系の人間、やたら成績いい奴、海外留学して留年する奴などもいました。

教師も変人集いだったりする

担任(電気B)、体育、化学、英語。この辺の先生は変人っぽかったです。

担任は高校、大学まで野球をやってて、Fラン出身なのに工業の先生。体育は我流の先生で異常に厳しいです。

化学は面白いけど変な先生。英語も面白いけど変なおばちゃんでした。

たいてい、クラスにカーストがある。

大体こんな感じのカーストがあって、1軍に上がりたいヤンキー共が1軍を蹴落とすなんてこともあります。

最後に

筆者の高校時代については、こちらの方がわかりやすいかもしれません。

反響の大きかった、筆者の高校時代について書いてみる
⏰ この記事は 3 分で読めます (平均) 今回は、Twitterでつぶやいてみたところ反響の大きかった、「高校時代」のお話について、...

今の時代、工業高校に行くよりも、大学や専門学校に進む方がいいと思われます。

何なら専門以外の科目も多いので、非常にめんどくさいです。

是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSもぜひご確認ください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。