なぜ今、「数量制限」がされるのか?

まあ、今回の記事は素朴な疑問なのである。

「なぜ数量制限がされるのか」

ということである。

言うまでもなく今、新型コロナウイルスによるマスク不足に加え、悪質なデマが出回り近所のドラッグストアでも

トイレットペーパー、テイッシュペーパー、生理用品、オムツなども無くなっていた。

まさか、どこかの中国人みたいに生理用品やオムツをマスク代わりにするつもりだろうか?

さて、そんな冗談はさておき、

現在でもマスクはひと家族1つまでなどの数量制限が設けられているが、店舗側としてはたくさん売った方が儲かるし、

便乗値上げしてでも爆買いする人を歓迎した方が、お店としてはいいのではないか?という疑問である

もし、筆者が店舗経営者なら、そうするだろう。

人間としての良心なのか、社会通念的、商慣習的な決まり事でこうなっているのだろうか?

まあありえないけど1人1つにすることで、より多くの人の手に届くだろう。しかし、余ればお店としてはめんどくさい。

それならば数量制限なんかせずに表に置いて、普段300円で売ってるなら1,500円で売ればいいのではないか。

物価とはそういうものである。需要があればあるほど上がりなければ下がっていく。

なぜマスクはそうならないのか?

実は試しに400円で買ったマスクをメルカリで1,000円で出してみた。あっという間に売れた。

こんな簡単な商売ほどないだろう。

田舎や過疎地域でマスクが不足しているなら、ネットで買うのは確実で、手間賃を入れれば多少値上げしても構わないだろう。

マスクではないが、例えばジャンクのスマホ、保証期間が残っているやつをヤフオクで1万円で仕入れ、

補償に出して新品に変えて、3万円で売るなんてこともよくする。

こんなことしてると、バイトで時給1,000円で働くのが馬鹿らしくなる。

しかし出る杭は打つというか、日本は横に並ぼうという習慣が強く、こうした商売は悪であると言われがちである。

なぜなのか。社会主義ではないのだから、誰がどれぐらい稼ごうが法に触れなければ自由である。

マスクを転売することも、上記のスマホの転売も法には触れない。なのでメルカリやヤフオクも控えるようにとは言っているものの

出品したからと言って消されるわけではない。

むしろオークション、フリマサイトは手数料でガッツリ儲けれるので、マスク出品は大歓迎だろう。

筆者の知能が足りないのか、常識がおかしいのか、よくわからないが今回の状況には非常に疑問を感じるので、

コメントなどで意見を寄せてもらえるとありがたい。

是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSもぜひご確認ください!