是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Windowsの裏電源設定をチューニング。

是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

さて、WindowsにはHKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power\PowerSettings
以下キー Attributesの値を1→2に変更することで裏の電源プランをいじれる…

というのがありますが、こんな感じのがあります。

PCがバッテリー電源の使用中にスリープ状態になった場合は、ネットワークから切断する

windowsで管理 常時 なし 

常時にすると、常時接続する。なしにすると、接続しない

windowsで管理にすると、ONOFFが自動化される?電源オプションのレジストリいじった項目にも似たような

切断されたスタンバイモード

アグレッシブがオフ 標準がオン

ネットワーク接続がスタンバイ状態です

無効にする→オフになる

有効にする→オンになる

LIDのクローズ時に無効にする→オフになる?

日本語の誤植が多すぎるような…?どなたか、ご存知の方がいれば教えてください。。

ちなみに、ファイルはここに上げてあります。このレジストリを追加すると一気に電源設定のAttributesをオンにできます。

power.reg

電源周り、特にCPUの設定は昔の記事ではパーセントを変えると〜とありますが、現在のWindows10では自律モードが有効担っていますので、

ここの設定は変えても意味がないようです。

自律モードでは、数値を少なくするとパフォーマンス優先、多くすると省電力優先…というシンプルな構成です。

さらにDPTFのパラメータをいじれる機種(Atomやタブレット系)であれば、この辺もいじってやると省電力、発熱、パフォーマンスのトレードオフができます。