WXR-1900DHP DD-WRT OpenWrtを導入

あまり記事がなかったので、備忘録、自分用メモとして残しています。

WXR-1900DHP DD-WRT 導入は可能ですが、いくつか不具合があります。

・5GHz中継時、別SSID発信不可

・発熱過多で、数日後落ちることがある。電源抜いてしばらく放置しないと動かない→2015年4月ぐらいのファームに戻すと直った

OpenWrtは導入できますが、無線LANは使用できません。理由はBroadcom社製チップのドライバがないため。

USBにドングル突っ込んで無線飛ばすという方法は出来るのだろうか…それなら1166DHPとかでいい…

ピンアサインはアイキャッチ画像の通り。速度は115200で、他と同じ通りに

.trxを書き戻すと元のファームに戻せるので、必ずファームバックアップ(やり方は1750とかと同じやり方で出来た。)

CFE> flash -noheader 192.168.11.2:buffalo-wxr-1900dhp-webflash.bin nflash1.trx
CFE> flash -noheader 192.168.11.2:buffalo-wxr-1900dhp-webflash.bin nflash1.trx_recover

DD-WRT 元ファーム焼くときもどちらもこれで。Buffalo USファームは、文鎮化した。

未開封でやる方法は軒並み文鎮化したので、素直に殻割りしてシリアル繋げた方がいいでしょう。

文鎮化した時のために、CFEで元ファームのバックアップを取っておくといいでしょう。

バックアップ

MTD領域のアドレス配置を確認しておきます。
cat /proc/mtd
以下のコマンドでmtd領域のバックアップを取得します。
USBメモリを挿入し、そこにcdしてから書き出します。
dd if=/dev/mtdblock/0 of=mtdblick0.dd bs=1
dd if=/dev/mtdblock/1 of=mtdblick1.dd bs=1
dd if=/dev/mtdblock/2 of=mtdblock2.dd bs=1
dd if=/dev/mtdblock/3 of=mtdblock3.dd bs=1
dd if=/dev/mtdblock/4 of=mtdblock4.dd bs=1
dd if=/dev/mtdblock/5 of=mtdblock5.dd bs=1
dd if=/dev/mtdblock/6 of=mtdblock6.dd bs=1
dd if=/dev/mtdblock/7 of=mtdblock7.dd bs=1
dd if=/dev/mtdblock/8 of=mtdblock8.dd bs=1
(mtdblock/7はエラー発生する可能性あり)
さらにリストア用のファームウェアを生成しておきます。
cat mtdblock2.dd mtdblock3.dd > wzr900dhp_cfe.trx
(Windows環境で copy /b mtdblock2.dd+mtdblock3.dd wzr900dhp_cfe.trx でも可)

1900DHPはmtdblock11まであります。

PS WXR-1900DHPあげます。OpenWrtがちゃんと動くR7800に買い替えたので。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w362984946
ログイン - メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ
CMで話題!フリマアプリ「メルカリ」は、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめるフリマアプリです。購入時はクレジットカード・キャリア決済・コンビニ・銀行ATMで支払いでき、品物が届いてから出品者に入金される独自システムで安心です。

是非皆様へシェアしてください!あなたのシェアが情報を救います。右端のボタンでコメント欄へ飛びます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSもぜひご確認ください!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。