YouTube 4K PCで再生できなくなった!?原因はこちらです…

YouTube 4K PCで再生できなくなった!?原因はこちらです…

🕒この記事を読むのに掛かる時間は、平均   5 分 です。

(統計のため、読み終わりましたら最下部の「読み終わったボタン」のクリックにご協力お願いします。)

YouTubeの高画質動画である4K動画、最近になり、PCで再生できなくなったという方

多いのではないでしょうか。

4Kに限らず、最近YouTubeが重い。という方も多いのではないでしょうか。

私が試した限りでは、4K動画でもAtomのZ3xxx世代のPCでも再生出来ていた時代がありました。

例え1080pのモニターとはいえ、4Kで見れば綺麗に見えるじゃないですか。

ビットレートとかの違いもありますしね。

私もかなりこの件では悩みました。

なぜ再生出来なくなったか

YouTubeは、以前までは「H.264」という動画の形式を使用していました。

このH.264というものは汎用的で、比較的古い多種多様なPCでも快適に再生出来る形式でしたが、

インターネットのストリーミング動画では、「回線の逼迫量が多い」という事が問題でした。

そこで、YouTubeの動画形式は新しいVP9(WebM)という形式に変わりました。

しかし、これが問題で、Intel CPUのPCだと第7世代以降〜(Core i5 7xxx〜、Core m3 7Y30など)でないと、

VP9の動画に部品レベル(GPU)では対応していないので、動画処理が苦手なCPUが代わりに、頑張って展開するしかないのですが、

これが比較的低いスペックだと、再生出来なくなったり、重くなってしまうのですね。

私が試した限り、Core i5 4278uのMacBook Pro Retina 2014は4K 30fpsでたまにカクカク、

Core m3 6Y30のSurface Pro4は4K30fpsでかなり重い、Core m3 7Y30の以前所持していた中華タブレットは8K 30fpsまでOK、

学校研究室にあるCore i7 6700のデスクトップは8K 30fpsまでOKでした。

これら全て、VP9になる以前は4Kも快適に見れた機種です。恐らく4世代〜の機種は概ね見れるのではないでしょうか。

では、どうすればいいのか。残念ながら現状では解決法は1つだけ。

Intelなら第7世代以降〜のPCに買い換える事

です。

(学生やお金のない方には辛いですね…)

しかし、マイクロソフトは4年前のPCを使い続けると、1台あたり35万円の損失と発表していますので、

仕事や研究に利用されている方は、買い替えを検討するのもいいかもしれません。確かに、遅い、重いと感じるストレスは、生産性の低下だと思います。

バージョンアップするたびに重くなりますのでね…

自分のメインPCも、4年前に10万円ぐらいした物ですが、まあまあ限界を感じています…

買い替え出来ない場合は、現在のPCがHDDならSSD化、その次に8GB以上のメモリへ増設がオススメです。

しかし!

4Kは再生できないですが、再生形式を以前のH.264に戻し、快適に再生する方法はあります。

Chromeなら、「h264ify」(クリックで飛びます)という拡張機能をインストールし、

h264ifyの設定画面で「Enable h264ify」にチェックを入れてもらえると、従来の形式で再生されますので、快適になります。

それでも重い!

という方は、パソコンを買い替えてください…または、スマホ、テレビ(スマートTVなどの対応している機種)、他で見てください。

と言いたいところですが、気持ちはわかります。

ブラウザのHTML5という機能を無効にすれば、Flash Playerというさらに昔の形式で再生されますが、

現在のところうまく動作しないので、ここでは紹介しないこととします。

それでも4Kを見たい

という方は、グレーな方法ですので詳しく紹介できませんが、

ツールなどを使って4K H264形式にダウンロード後変換する事で、再生出来ます。

DropBoxやGoogle Drive、Google Drive File Stream(導入している大学や会社が必要)を使えば、ストリーミング風に再生出来ます。

ご覧いただきありがとうございました。読み終わったボタンはこちらです。

入力すると、送信ボタンが表示されます。

  1. 4k 再生 pc より:

    ありがとうございましたm(_ _)m
    助かりました。

    • k15uke より:

      コメントありがとうございます。参考になれたようで光栄です。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。